特定調停にかかる費用

特定調停は、他の債務整理と比べて比較的安価で済むことから、人気を集めている債務整理の方法です。では果たして、特定調停を行なうにはどれだけの費用が掛かるのでしょうか。

 

印紙代と切手代のみ

特定調停の費用は、申し立て手続きを行う際に支払うのですが、現金や口座引落で支払うわけではありません。

 

まずかかるのが収入印紙代ですが、1社につき500円くらいとなり、貸金業者が1社増えるごとにそれくらいの金額が増えていきます。

 

そしてもうひとつ必要となる費用が郵便切手代です。切手代は1社につき1450円くらいかかりますが、1社増えるごとに1450円増えるというわけではなく、1社増えるごとに250円程度の増額に抑えられているので、非常にリーズナブルです。

 

弁護士や司法書士を利用する場合には

裁判に関することでしたら、弁護士や司法書士でも対応してくれます。気になるのはその際の費用ですが、事務所によって異なるものの1社につき2万円程度というのが相場です。他の債務整理ではこれ以上の費用が掛かってしまうことを考えると、特定調停はリーズナブルなことが再確認できます。

 

仮に貸金業者5社と特定調停したい場合でも10万円程度ですので、やはりリーズナブルですね。

 

ただ、債務整理の費用は依頼をする弁護士事務所によって変わりますので、大体の目安を債務整理費用の相場で確認しておきましょう。